徳島県立徳島北高等学校

とくしまけんりつとくしまきたこうとうがっこう、
アバター
 

学校の概要

徳島市の旧総合選抜6校の1つであった。1996年11月1日に設立、学生の入学は翌年の1997年4月であるため第1期生は1997年入学となる。
2003年から2005年までの3年間、スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール (SELHi) に指定されていた。また、2006年度から国際英語科(後述)が設置されている。
校地
JR高徳線の東側に隣接するように立地しており、北門はJR勝瑞駅から200mの場所にある。校地の大部分は北島町、北門付近及びテニスコートは藍住町である。学校の住所が徳島市に設定されているだけで徳島市の土地は校門を含め無い(前述の通り本校は旧総合選抜校であったため住所を飛び地で徳島市とする必要があった、校門のみ徳島市部分にあるという噂は誤り)。
校舎概要
主に、4つの建物群からなる(すべて繋がっている)。校地の西端に南北に建っているのがガラスのストリートと呼ばれる特別教室棟であり、このガラスのストリートから東北東へと連なる3つの校舎(北側から順に、北校舎、中校舎、管理棟)で1つの校舎が構成される。また、3つの校舎東端にも特別教室がまとめられている。
ガラスのストリート
1F
食堂、自動販売機、駐輪場、徳島県高等学校体育連盟事務局
2F
CAI教室、LL教室、外国語資料室、音楽室、書道教室、美術教室、視聴覚室、放送室、図書室
管理棟
1F
事務室、校長室、会議室、大会議室、応接室
2F
職員室、印刷室、電算室、人権教育室、生徒指導室、就職指導室、進路ガイダンス室
東端
1F
調理実習室、家庭科準備室、総合実習室、保健室
2F
生物教室、生物準備室、物理教室、物理準備室、礼法室、職員休養室
3F
地学教室、地学準備室、化学教室、化学準備室、大講義室
創立記念日
本校は11月1日を創立記念日としているが、学校が特別休業になることはない。
しかし、当日のショートホームルーム時に全校放送による副校長からの「お話」がある。そのため、1限目の授業が5分削られ、1限目のみ45分授業となる。また、平成22年度のテーマは『flexible(柔軟性)』であった。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1995年3月
   
 
起工式挙行
 
1995年11月
   
 
校名を徳島県立徳島北高等学校に決定
 
1996年4月
   
 
新設高等学校開設準備室を県教育委員会事務局内に設置
 
1996年8月
   
 
校章制定
 
1996年10月
   
 
本体工事竣工
 
1996年11月
   
 
徳島県立徳島北高等学校設置
 
1997年3月
   
 
全体工事竣工、落成式挙行
 
1997年4月
   
 
開校式、第1回入学式挙行
 
1997年11月
   
 
第1回創立記念式挙行
 
1998年3月
   
 
校旗樹立式、校歌制定式挙行
 
2000年2月
   
 
同窓会設立総会開催、同窓会発足
 
2000年3月
   
 
第1回卒業証書授与式挙行
 
2001年11月
   
 
第5回創立記念講演会
 
2003年4月
   
 
文部科学省よりスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクールに指定
 
2003年4月
   
 
県内初の民間人校長着任
 
2004年2月
   
 
総合選抜制度廃止により前期選抜入試実施
 
2004年4月
   
 
校地内全面禁煙開始
 
2004年7月
   
 
民活導入による普通教室への空調設備設置
 
2006年4月
   
 
国際英語科新設
 

受賞・入賞等

 
 
 
英検成績「優秀団体賞」を受賞
 

その他の特色

 
 
校章とシンボルマーク
本校には、校章とは別にシンボルマークがある。制服や、各部のユニフォームなどにみられるのだが、校章よりもシンボルマークを押し出しており、シンボルマークが準校章化している。 校章<br />
校章のいわれ
徳島平野を豊かに流れる吉野川を基本として、北の空にきらめく星と校地に林立する楠の葉を組み合わせ、中央に「高」の字を配したものである。吉野川の悠久の流れは、時代を超えて真なるものを探求していこうとする強い意思を示し、常緑の楠の葉は、個性の伸長を図り、想像力豊かな人間を育成するという本校の願いを象徴している。また、さん然と輝く星は、徳島北高校を意味するとともに国際化に対応して未来に向けて発展していく学校の姿を表している。
  • 生徒手帳の表紙
  • 図書貸し出しカード
シンボルマーク<br /> 本校には前述の校章のほかに、シンボルマークが制定されている。
シンボルマークの意味
徳島北高校を表す漢字の「北」とアルファベットの「N(northの頭文字)」をイメージで合体させたものである。これは、校章を制定する過程で、数案に絞り込まれた図案のうちの一部分が高い評価を得たため、シンボルマークとして独立させたものである。アルファベットの筆記体に、漢字の力強いストロークとはねがよく馴染み、本校のめざす校風であるはつらつとした躍動感をよく表現している。
  • 制服
  • 体操服
  • ネクタイピン
校訓とめざす校風
  • 校訓 自主・創造・友愛
  • めざす校風 清新はつらつ
設置課程
普通科<br /> 1年次は共通クラス、2年次から人文コース、理数コース、外国語コース(平成23年度まで)の3つのコースを設けている。 国際英語科<br /> 英語学習に重点をおき、様々な英語専門科目、学校設定科目を用意している。1年次は共通クラス、2年次からヒューマニティコース(文科系)とサイエンスコース(理科系)に分かれて学習する。
  • ヒューマニティコース
  • サイエンスコース
英語学習
代表的な取り組みとして、以下のものがある。 国際英語科の設置<br /> 2006年度から設置された国際英語科では、「英語」の授業科目が最大12種類ある。
  • 総合英語
リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4技能を総合的に関連付けた活動を行い、英語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を身につける授業。
  • 英語理解
聞くこと、読むことに関する能力をさらに伸ばす授業。
  • 異文化理解
新聞、放送、情報ネットワークなどに用いられる英語を理解するとともに、それを活用する基礎的な能力を養う授業。
  • 時事英語
現在話題となっているグローバルなトピックを取り上げ、自国の状況と比較をしながら異文化理解に取り組む授業。
  • BSC (Basic Skills for Communication)
コミュニケーション活動をより多く取り入れた授業。
  • CAE (Computer Assisted English)
LL教室(言語学習専用教室)やCAI教室(コンピュータルーム)を使い、発音やリスニングなど音声面のスキルアップに取り組む授業。
  • L&amp;N (Listening&amp;Note-Taking)
「読む・話す・聴く」の活動をスムーズに行うため英語の講義内容の要点を整理したり、聞いたり読んだりした内容を要約する「書く」トレーニングを行う授業。
  • Creative English
英語で自己表現する能力をより一層伸ばすために、前半は各自が設定した題材に関するリサーチ・プレゼンテーション、後半は身近な問題に関するディベート活動に取り組むという授業。
  • Theme Weiting
  • AC (Active Communication)
海外留学・ホームステイ留学<br />
短期
ニュージーランドの国立大学でホームステイをしながら2週間実践的に英語を学ぶ。
長期
JFIF交換留学の特別推薦校であるため、アメリカ、カナダ、イギリスへの長期留学が可能である。 <
学校行事
4月
  • 入学式
  • オリエンテーション
  • 基礎学力テスト
  • 身体測定
5月
  • PTA総会
  • 修学旅行(2年)
  • 遠足(1・3年)
  • 定期考査(1学期中間考査)
6月
  • 県高校総合体育大会
  • 第1回実力テスト
7月
  • 定期考査(1学期末考査)
  • 球技大会
  • 生徒総会
  • 職業別キャリア学習(1年)
  • 夏季補習(~8月)
  • 夏季セミナー(1・2年)
  • 海外語学研修(国際英語科1年)
8月
  • オープンスクール
  • 各部合宿
  • TOEIC受験
  • 第2回実力テスト
9月
  • 北高祭(文化・体育祭)
  • オープンスクール
10月
  • 定期考査(2学期中間考査)
  • 人権演劇鑑賞会
  • 人権週間
  • 1日大学体験授業 (University in Tokukita)
  • オープンスクールウィーク
  • English Day
11月
  • 創立記念日
  • 進路講演会
  • 第3回実力テスト
12月
  • 定期考査(2学期末考査)
  • 球技大会
1月
  • 冬季補習
  • 大学入試センター試験(3年)
2月
  • 高校入試(前期選抜)※~2010年度入学生まで。以後、3月の一度のみとなる。
  • 第4回実力テスト
  • 予餞会
3月
  • 卒業式
  • 定期考査(学年末考査)
最寄駅
JR高徳線:勝瑞駅
アクセス
  • 列車
JR高徳線:勝瑞駅で下車すぐ。
  • バス(徳島バス)
住吉鍛冶屋原線:勝瑞駅北で下車徒歩5分。
出身者
  • 竹原俊介 - 野球選手
  • 豊崎愛生 - 声優
参考文献・出典・引用元
  • 徳島県立徳島北高等学校公式ホームページ
  • 「平成22年度 徳島北高校 入学案内」
  • 北翠-HOKUSUI- 2009 第13号