広島市立湯来西小学校

ひろしましりつゆきにししょうがっこう
アバター
 

学校の概要

広島県の西北部に位置し、五日市駅南口より広電バスで1時間10分、湯来温泉より徒歩10分の場所にある 。校区は太田川の支流、水内川沿い、延長13キロメートルの中に点在する上多田、中多田、打尾谷、菅沢の四地域。校区内には1949年(昭和24年)に開発された湯来温泉や湯来ロッジなどの旅館がある 。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1873年
   
 
善福寺内に教場を設け、旭昇舎と称す
 
1881年
   
 
来栖根に共有の土蔵を改造して教場とし下小多田小学校と称す
 
1905年
   
 
高等科併置認可、上水内尋常小学校と改称す
 
1913年
   
 
村内小学校、本校に合併、上多田、打尾谷、菅沢の分教場を設置する
 
1941年4月
   
 
国民学校令により、上水内国民学校と改称
 
1947年4月
   
 
学制改革により、上水内小学校と改称
 
1956年9月
   
 
湯来町立湯来小学校と改称
 
1969年9月
   
 
湯来町立湯来西小学校と改称
 
2005年4月
   
 
湯来町の広島市への合併により、広島市立湯来南小学校と改称
 

その他の特色

 
 
校区
  • 広島市立湯来中学校の校区
    • 湯来町大字菅澤、湯来町大字多田