大阪府立西成高等学校

おおさかふりつにしなりこうとうがっこう
アバター
 

学校の概要

西成区民の普通科高校誘致運動を受け、大日本紡績木津川工場跡地を転用し、府内90番目の府立高校として1974年に開校した。開校以来全日制普通科高校だったが、2003年度より普通科総合選択制に改編した。
当初は「人文・社会」「地域・国際」「生活・健康」「福祉・介護」「科学・情報」「芸術・文化」の6つのエリアが設置された。これらのエリアは、「人文・理数」「スポーツ・健康」「福祉・人間」「保育・教育」「IT・キャリア」「造形・表現」の6つに改編され、2009年度の入学生から適用されている。また、知的障がい生徒自立支援コースのカリキュラムも改編された。就労やビジネスマナーの修得、基礎学力保障などの時間が設置された。
2009年6月には、同校の教育実践をまとめた書籍『反貧困学習-格差の連鎖を断つために』(大阪府立西成高等学校 著、解放出版社、ISBN 978-4-7592-2143-5)が出版された。

沿革

 
 
1973年12月
   
 
大阪府議会が大阪府立高等学校条例改正を議決。学校設置が正式決定。
 
1974年4月
   
 
大阪府立西成高等学校として開校。
 
1975年
   
 
体育館、プール、食堂棟完成。
 
2001年
   
 
知的障害のある生徒の高等学校受入れに係る調査研究指定校に指定される。
 
2003年
   
 
普通科総合選択制に改編され、6エリアを設置。
 
2006年
   
 
知的障害生徒自立支援コースを設置。
 
2009年
   
 
エリアを再編。
 

その他の特色

 
 
交通
  • 南海汐見橋線 津守駅 下車すぐ。
  • 大阪市営バス 鶴見橋通バス停 西へ約300m。
  • 大阪市営地下鉄四つ橋線 花園町駅 西へ約1.5km。
出身者
  • 中武克雄 - 競輪選手、1984年ロサンゼルスオリンピック日本代表