大阪市立長池小学校

おおさかしりつ ながいけ しょうがっこう
アバター
 

学校の概要

「帰国した子どもの教育センター校」に指定されている。外国から帰国した児童のうち日本語の指導が必要な者に対して、日本語指導を実施している。対象者は居住地域の学校に在籍し、普段は地元校に通学しながら、週2-3回長池小学校の日本語教室に通って日本語の指導を受ける。
また、かつて校区周辺の地域一帯(大阪市編入前の旧東成郡田辺町、現在の東住吉区中西部および阿倍野区東部)で栽培されていたなにわ野菜・田辺大根を、児童の縦割りグループで栽培する取り組みをおこなっている。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1928年
   
 
大阪市田辺第二尋常小学校(仮称)として着工。
 
1929年4月
   
 
大阪市長池尋常小学校として開校。
 
1933年4月
   
 
従来の校区の一部を、大阪市北田辺尋常小学校(現在の大阪市立北田辺小学校)へ分離。
 
1936年4月
   
 
従来の校区の一部を、大阪市南田辺尋常小学校(現在の大阪市立南田辺小学校)へ分離。
 
1940年4月
   
 
従来の校区の一部を、大阪市阪南尋常小学校(現在の大阪市立阪南小学校)へ分離。
 
1941年4月
   
 
国民学校令により、大阪市長池国民学校と改称。
 
1944年
   
 
和歌山県海草郡東山東村・西山東村・岡崎村(現在の和歌山市)に集団疎開。
 
1947年4月
   
 
学制改革により、大阪市立長池小学校と改称。
 
1949年
   
 
学校給食を開始。
 
1951年4月
   
 
大阪市立苗代小学校の開校に伴い校区を変更。
 
1963年
   
 
標準服を制定。
 
1981年
   
 
大阪市教育委員会から、学校行事の研究校に指定される(1982年度までの2年間)。
 
1987年
   
 
大阪市教育委員会から、体育科の研究校に指定される(1988年度までの2年間)。
 
1990年
   
 
「帰国した子どもの教育センター校」に指定される。
 
1998年
   
 
大阪市教育委員会から、環境教育の研究校に指定される(1999年度までの2年間)。
 

その他の特色

 
 
通学区域
  • 大阪市阿倍野区 昭和町2丁目(一部)、昭和町3-5丁目、桃ヶ池町1丁目(一部)、桃ヶ池町2丁目、長池町、西田辺町、阪南町7丁目(一部)
卒業生は基本的に大阪市立昭和中学校へ進学する。
交通
  • 大阪市営地下鉄御堂筋線 西田辺駅 北東へ約250m。
  • 阪和線 南田辺駅 南西へ約300m、または鶴ケ丘駅 北へ約700m。