一宮市立木曽川西小学校

いちのみやしりつ きそがわにししょうがっこう
アバター
 

学校の概要

旧葉栗郡木曽川町の小学校である。校区は旧木曽川町西部(里小牧、西割田、玉ノ井、三ツ法寺)である。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1873年
   
 
葉栗郡玉ノ井村、三ツ法寺村、外割田村が共同で、玉ノ井念敬寺に出塵学校を創立する。
 
1873年
   
 
葉栗郡里小牧村、中島村が共同で、四邑学校を創立する。(正式には邑ではなく、邑の口は日である)
 
1875年
   
 
四邑学校は里中学校に改称する。
 
1876年
   
 
出塵学校を訓田学校に改称する。(正式には訓ではなく、王に川である)
 
1877年
   
 
外割田村が訓田学校より離脱。割田学校を創立する。
 
1887年
   
 
里中学校、訓田学校、割田学校を統一し、尋常小学外割田学校となる。割田学校が本校となり、里中学校は里小牧分教場、訓田学校は玉ノ井分教場となる。
 
1889年
   
 
曽根村、黒田村、門間村、内割田村、外割田村、三ッ法寺村が合併し黒田村となる。中島村は北方村に編入されたため、旧中島村の生徒は北方尋常小学校(現一宮市立北方小学校)への通学となる。
 
1906年
   
 
里小牧村、玉ノ井村が黒田町(1894年に黒田村が町制施行)に編入される。
 
1910年
   
 
黒田町が木曽川町に改称する。このさい、玉ノ井尋常小学校と里小牧尋常小学校が統合され、木曽川西尋常小学校になる。
 
1912年
   
 
現在地に移転する。
 
1920年
   
 
高等科を設置し、木曽川西尋常高等小学校に改称する。
 
1941年
   
 
木曽川町立木曽川西国民学校に改称する。
 
1947年
   
 
木曽川町立木曽川西小学校に改称する。
 
1965年
   
 
~1979年 - 現在の校舎が新築される。
 
2005年
   
 
木曽川町、尾西市は一宮市に編入される。これにより一宮市立木曽川西小学校に改称する。
 

その他の特色

 
 
所在地
  • 愛知県一宮市木曽川町玉ノ井字道路寺7番地3
交通機関
  • 名古屋鉄道尾西線、玉ノ井駅より徒歩20分
  • i-バス木曽川・北方コース「木曽川西部いこいの家」バス停下車、徒歩すぐ