一宮市立黒田小学校

いちのみやしりつ くろだしょうがっこう
アバター
 

学校の概要

旧葉栗郡木曽川町の小学校である。校区は旧木曽川町の黒田(北部)、東割田、内割田地区であり、東海道本線木曽川駅、名古屋鉄道名古屋本線新木曽川駅、黒田駅周辺が該当する。
校舎があるのは、戦国時代の城、山内一豊の居城であった黒田城跡地である。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1873年
   
 
葉栗郡黒田村、内割田村、曽根村が共同で玄圃学校を創立する。黒田村の法蓮寺を仮校舎とする。
 
1876年
   
 
玄圃学校は黒田学校に改称する。門間村に門間学校が
 
1878年
   
 
黒田学校の校舎を新築、移転する。
 
1884年
   
 
黒田学校と門間学校が統合され、黒田学校となる。本校は黒田学校、旧門間学校は門間分教場となる。
 
1887年
   
 
尋常小学黒田学校に改称する。
 
1889年
   
 
曽根村、黒田村、門間村、内割田村、外割田村、三ッ法寺村が合併し黒田村となる。
 
1892年
   
 
黒田尋常小学校に改称する。門間分教場を廃止する。
 
1893年
   
 
現在地に移転する。
 
1894年
   
 
黒田村が町制施行。黒田町になる。
 
1906年
   
 
里小牧村、玉ノ井村が黒田町に編入される。黒田町の一部(旧曽根村)が北方村に編入される。これにより旧曽根村の生徒は、北方尋常小学校(現一宮市立北方小学校)への通学となる。
 
1909年
   
 
高等科を設置し、黒田尋常高等小学校に改称する。
 
1910年
   
 
黒田町が木曽川町に改称する。
 
1941年
   
 
木曽川町立黒田国民学校に改称する。
 
1947年
   
 
木曽川町立黒田小学校に改称する。
 
1957年
   
 
~1971年 - 現在の校舎が新築される。
 
1976年
   
 
木曽川町立木曽川東小学校(現一宮市立木曽川東小学校)を分離する。
 
2005年
   
 
木曽川町、尾西市は一宮市に編入される。これにより一宮市立黒田小学校に改称する。
 

その他の特色

 
 
交通機関
  • 名古屋鉄道名古屋本線、新木曽川駅より徒歩5分
  • 東海道本線、木曽川駅より徒歩8分