一宮市立千秋南小学校

いちのみやしりつ ちあきみなみしょうがっこう
アバター
 

学校の概要

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1874年
   
 
:中島郡浅野羽根村(現・一宮市千秋町浅野羽根)に教倫学校が設立される。
 
1878年
   
 
:羽根学校に改称する。
 
1888年
   
 
:小山村(現・一宮市千秋町小山)に移転し、小山学校に改称する。
 
1889年
   
 
:浅野羽根村、塩尻村、小山村、町屋村が合併し、豊富村になる。これに伴い、小山学校は豊富尋常小学校に改称する。
 
1907年
   
 
:幼村、豊富村、青木村、浮野村が合併し、千秋村になる。
 
1908年
   
 
:豊富尋常小学校は、千秋第一尋常小学校に改称する。
 
1941年
   
 
:千秋第一尋常小学校は千秋南国民学校に改称する。
 
1947年
   
 
:千秋南国民学校は千秋村立千秋南小学校に改称する。
 
1955年
   
 
:千秋村は一宮市に編入される。これにより一宮市立千秋南小学校に改称する。
 
1977年
   
 
:現校舎が完成する。
 
1981年
   
 
:一宮市立千秋東小学校の新設により校区の一部を分離する。
 

その他の特色

 
 
交通機関
  • 名鉄バス「元小山」バス停下車、徒歩5分