上田市立豊殿小学校

うえだしりつ ほうでんしようがっこう
アバター
 

学校の概要

上田市の東部、豊殿地区。かつての小県郡豊殿村地域は小県郡殿城村・豊里村が発足する以前から結び付きが強く、その結果1872年の学制頒布から分割・併合を重ねる事無く歴史を重ねている。
上田市立豊殿小学校は学制頒布の年に豊殿村の大半を学区とする矢沢良泉寺校として開校。翌年には「修道学校」と名付けられた。1886年には上田市立神川小学校の前身である「古府学校」・「啓明学校」、上田市立本原小学校の前身「育英学校」と合併し「芳田学校」の本校となるが1889年4月1日の市町村制施行により小県郡殿城・豊里2村が成立すると「芳田学校」の本校は小県郡豊里殿城両村組合立豊殿尋常小学校として再発足。(以降組合立)1895年には高等科分置により組合立豊殿尋常高等小学校と改称、1941年には国民学校令により組合立豊殿国民学校と改称。1947年には学制改革の実施で組合立豊殿小学校と改称。同時に併設で豊殿中学校が発足している。(以降豊殿小中学校)
1957年に両村は合併。村立豊殿小中学校となるが1年で上田市に合併され上田市立豊殿小中学校となる。そして1961年に併設していた豊殿中学校が上田市立神科小学校併設の神科中学校と統合して上田市立第五中学校が発足。豊殿分校となったため(※分校は2年後所在地統一により廃止)小学校単独に戻った。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1872年
   
 
小県郡矢沢村の良泉寺に開校したという記録が残っている。
 
1873年
   
 
「修道学校」として正式に開校。学区は豊殿地区の9割。
 
1875年
   
 
現在地に校舎を建築し移転。以来不変。
 
1886年
   
 
「古府学校」・「啓明学校」・「育英学校」と合併して「芳田学校」発足。同校の本校となる。
 
1889年
   
 
小県郡豊里村・殿城村が発足。「芳田学校」は国分・蒼久保・下原3分教場を分離し両村組合立豊殿尋常小学校として再発足。
 
1895年
   
 
小県郡立高等小学校の廃止による高等科分配置により組合立豊殿尋常高等小学校と改称。
 
1941年
   
 
「国民学校令」発布により組合立豊殿国民学校と改称。
 
1947年
   
 
学制改革の第1弾6・3制の実施により組合立豊殿小学校と改称。同時に併設で豊殿中学校開校。
 
1957年
   
 
両村の合併で小県郡豊殿村発足。これにより村立豊殿小中学校と改称。
 
1958年
   
 
小県郡豊殿村が上田市に合併される。上田市立豊殿小中学校と改称。
 
1961年
   
 
併設していた豊殿中学校が神科中学校との統合により上田市立第五中学校の豊殿分校となる。
 
1963年
   
 
上田市立第五中学校の所在地統一に伴い豊殿分校廃止。これにより小学校単独となる。
 

その他の特色

 
 
学校所在地
  • 〒386-0151 長野県上田市芳田番外1661番地