新潟県立六日町高等学校

にいがたけんりつ むいかまちこうとうがっこう
アバター
 

学校の概要

1924年に新潟県立六日町中学校として開校。2007年度までは65分授業で5時間授業を導入していたが、2008年度からは55分授業で6時間授業を実施している。
部活動では全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に出場経験のある野球部を筆頭に盛んであり、また地域柄スキーの強豪校として知られている。行事では「魚沼のオリンピック」と呼ばれる大運動会がある。
校歌は山田耕筰作曲。

沿革

 
 
1924年5月
   
 
新潟県立六日町中学校開校。六日町立六日町尋常高等小学校を仮校舎とする。 9月 - デザイン:赤穂親美による校章制定。
 
1925年4月
   
 
六日町実科高等女学校開校。 10月 - 校旗制定、樹立式挙行。
 
1928年7月
   
 
校歌制定。作詞は初代校長手塚義明、作曲は山田耕筰。 11月 - 校舎竣工、現在地に移転。
 
1948年4月
   
 
学制改革に伴い六日町立高等女学校を統合、新潟県立六日町高等学校となる。デザイン:青木勝三による校章制定。 6月1日 - 定時制課程(中心校・湯沢分校・大巻分校・浦佐分校)を設置。
 
1948年7月
   
 
定時制城内分校を設置。
 
1950年12月
   
 
小学区制による通学区域設定、南魚沼郡が通学区となる。
 
1952年4月
   
 
定時制塩沢分校を設置。
 
1953年11月
   
 
デザイン:大智浩による校章、校旗制定。
 
1955年2月
   
 
通学区域改正、魚沼三郡・小千谷市・十日町市・近接郡の一部が通学区となる。
 
1960年4月
   
 
定時制大巻・城内分校を統合、定時制五日町分校を設置。
 
1961年9月
   
 
寄宿舎廃止に伴い取り壊される。
 
1963年4月
   
 
定時制塩沢分校を新潟県立塩沢商工高等学校開校に伴い移管。
 
1965年4月
   
 
団塊の世代による高校進学者数増加に伴い、各学年10学級・全校で30学級編成となる。
 
1968年4月
   
 
全日制五日町分校を設置。
 
1969年4月
   
 
五日町分校を新潟県立六日町女子高等学校へ移管。
 
1974年2月
   
 
スキー部女子がインターハイ総合優勝に輝く。 4月1日 - 定時制湯沢分校が全日制へ移行。
 
1978年4月
   
 
定時制湯沢分校が独立、新潟県立湯沢高等学校として開校。
 
1981年12月
   
 
創立50周年記念館「同窓会館」竣工。
 
1995年3月
   
 
定時制浦佐分校を閉校。 8月 - 野球部が第77回全国高等学校野球選手権大会出場(1回戦、2-8で福岡県柳川高等学校に敗退)。
 
2003年10月
   
 
創立80周年記念式典挙行。
 
2004年4月
   
 
定時制募集停止(2007年3月31日閉課程)。
 
2006年4月
   
 
湯沢高校を再統合。同校は2008年3月31日閉校。
 

受賞・入賞等

 
 
 
1974年(昭和49年)2月 - スキー部女子がインターハイ総合優勝
 
 
1974年(昭和49年)2月 - スキー部女子がインターハイ総合優勝
 

その他の特色

 
 
交通
  • JR上越線・北越急行ほくほく線六日町駅徒歩7分
学校行事
  • 4月 入学式
  • 6月 運動会
  • 7月 クラスマッチ
  • 9月 六高祭(文化祭)
  • 10月 2年研修旅行、マラソン大会
  • 3月 卒業式
著名な出身者
  • 大坪賢次(NY 新潟県人会長、新潟日報国際交流拠点NY事務所代表)
  • 井口一郎(現南魚沼市長、五日町分校卒)
  • 井口時男(文芸評論家、東京工業大学教授)
  • 黒岩宇洋(政治家、元新潟県第3区衆議院議員・前参議院議員)
  • 桜井新(政治家、元参議院議員・環境庁長官、併設中学校卒)
  • 長谷川久美子(現神奈川県議会議員)
  • 白井(南雲)美津代 - アルペンスキー選手(札幌オリンピック出場)
  • 並木頼寿(歴史学者)
  • 野上隆(電気通信大学教授)
  • 遠藤哲夫(著述家)
  • 大津浩(成城大学法学部教授)
  • 谷内通(金沢大学人間社会学域人文学類准教授)
  • 平賀壯太(分子生物学者、熊本大学名誉教授)
  • 外山康雄(画家)
  • 南雲浩美(アイエスエンジニアリング代表取締役社長)
  • 松井利夫(アルプス技研創業者)
  • 町田浩徳(日本テレビアナウンサー)
  • 山崎智彦(NHKアナウンサー)
  • 駒形正明(テレビ新潟元アナウンサー)
  • 大平真理子(テレビ新潟アナウンサー)