千葉県立東金高等学校

ちばけんりつ とうがねこうとうがっこう
アバター
 

学校の概要

千葉高女に続いて設立された千葉県で2つめの県立高等女学校であり、100年以上の歴史がある。徳川家康が土井利勝に命じて造成した御成街道の宿泊所東金御殿の跡地に建てられ、東金市の中心部にあり南側を除く三方を山林に囲まれている。校舎の東側には八鶴湖と呼ばれる池があり、毎年入学式頃には湖畔に植えられた約1000本のソメイヨシノが咲く。
また校舎とは別に野球部、サッカー部専用の日吉台グラウンドがある。
課程としては、各学年文系の1クラスに「特別進学クラス」が設けられている。
平日の朝、土曜日には平日、土曜課外授業。夏休みにはサマーセミナーが希望者を対象に行われている。またキャリア教育にも力を入れている。進路としては、2009年度卒業生317人、大学進学180人、短期大学20人、専門学校40人、就職27人、その他46人である。
「八鶴祭」と呼ばれる文化祭では過去2年にわたって朝日新聞千葉版に掲載された事もあり、そこそこの盛況を見せている。 他の行事としては、「スポーツ祭」「芸術鑑賞会」などがある。 基本偏差値は50代前中半をさまよっている 校風は、落ち着いている。
制服は男子は学ラン、女子はジャンバースカートである。
2009年度より「八鶴湖クリーン運動」を行っており、高校周辺の地域美化活動を積極的に行っている。
東金市内には他に高等学校が2校あり千葉県立東金商業高等学校、私立の千葉学芸高等学校がある。
オーストラリアのサザンクロス校と姉妹校になっており、1年おきに2週間程度の派遣と受け入れを行っている。
長い歴史を持つ演劇部は、部員自ら脚本を作成する『創作劇』を伝統とし、今でもその伝統を受け継いでいる。
また、特別教室棟屋上にはプラネタリウムがあり、天文部が活動している。

最近のエントリー RSS

沿革

 
 
1908年4月
   
 
千葉県立東金高等女学校開校(創立記念日)。
 
1948年4月
   
 
学制改革により旧称を改めて県立東金高等学校として開校。 8月1日 - 山武郡片貝町立片貝女子農学校を分校として併設。
 
1949年4月
   
 
通常普通課程に男子生徒55名入学。
 
1950年4月
   
 
高等学校再編成により千葉県立東金商業高等学校を合併、同時に定時制夜間普通科を新設。
 
1951年4月
   
 
大網白里町に分校開校。
 
1953年4月
   
 
商業科を分離、独立して東金商業高等学校となる。
 
1963年4月
   
 
白里校舎を分離し、東金商業高等学校白里校舎となる。
 
1973年4月
   
 
片貝校舎を分離、独立して九十九里高等学校となる。
 
1996年4月
   
 
全日制国際教養科を新設。
 

その他の特色

 
 
アクセス
  • JR東金線東金駅より徒歩約10分
  • ちばフラワーバス八鶴湖前バス停より徒歩約5分
設置課程
全日制
  • 普通科
    • 理系クラス
    • 文系クラス
      • 特別進学クラス(2008年度入学生より廃止)
  • 国際教養科
定時制
  • 普通科
著名な卒業生・過去の在学生
  • 小倉優子(タレント)
  • 中野真矢(モーターサイクル・ロードレースライダー)
  • 深沢亮子(ピアニスト)
  • 成井正光(舞台監督)
  • 河あきら(漫画家)