松戸市立矢切小学校

まつどしりつ やきりしょうがっこう
アバター
 

学校の概要

沿革

 
 
1873年8月
   
 
下矢切正徳寺を仮校舎として開校
 
1885年9月
   
 
仮校舎下矢切正徳寺の破損が甚だしいため、下矢切村西蓮寺に移転
 
1889年4月
   
 
松戸尋常小学校矢切分校と称す
 
1890年10月
   
 
「教育に関する勅語謄本」を下賜される
 
1891年3月
   
 
生徒数激増に伴い、中矢切村字坂の上に校舎を構える
 
1892年9月
   
 
小学校令改正のため矢切尋常小学校と改称
 
1906年3月
   
 
日露戦争戦勝記念として校舎を増築
 
1913年4月
   
 
義務教育年限延長と就学児童増加に伴い、校舎を増改築(設計は川村捨五郎)
 
1914年2月
   
 
青島陥落祝賀旗行列を行う
 
1932年10月
   
 
校旗を制定
 
1933年3月
   
 
矢切小学校を廃し、松戸尋常高等小学校と合併
 
1934年4月
   
 
松戸尋常高等小学校矢切校舎と称す
 
1941年3月
   
 
校舎分立
 
1942年4月
   
 
矢切国民学校と称す
 
1944年4月
   
 
高等科併置
 
1946年12月
   
 
講堂を新築(1971年に解体、現存せず)
 
1947年4月
   
 
学制改革により松戸市立矢切小学校となる
 
1948年7月
   
 
勅語及び詔書返還
 
1950年4月
   
 
新校舎竣工(モルタル式2階建、現存せず)
 
1954年9月
   
 
校歌完成(作詞:勝承夫、作曲:平井康三郎)、新校舎竣工(現存せず)
 
1961年7月
   
 
校旗を新調
 
1963年7月
   
 
創立90周年記念プール落成(1977年に取り壊し)
 
1967年3月
   
 
新校舎落成(現在の南校舎、鉄筋3階建11教室)
 
1971年3月
   
 
柿ノ木台小学校開設に伴い、学区変更4年以下153名分離
 
1973年5月
   
 
新校舎を竣工(現在の西校舎、鉄筋5階建)
 
1984年4月
   
 
千葉県福祉教育推進校指定校となる
 
1985年4月
   
 
文部省指定道徳教育研究推進校となる
 
1987年11月
   
 
千葉県教育委員会より「教育功労賞学校賞」受賞
 
2006年7月
   
 
西校舎に耐震改修工事を施す
 
2011年11月
   
 
校訓制定
 

受賞・入賞等

 
 
 
1987年11月 - 千葉県教育委員会より「教育功労賞学校賞」受賞
 
 
1958年6月 - こども郵便局が郵政大臣より表彰
 
 
1960年10月 - こども郵便局が大蔵大臣、日銀総裁より表彰
 
 
1961年11月 - こども郵便局が千葉県知事より表彰
 

その他の特色

 
 
こども郵便局
  • 1958年6月 - こども郵便局が郵政大臣より表彰される
  • 1960年10月 - こども郵便局が大蔵大臣、日銀総裁より表彰される
  • 1961年11月 - こども郵便局が千葉県知事より表彰される
稲作活動
1981年から体験型学習として全校稲作活動を開始。以降、毎年5月に田植えを行い、9月に稲刈り、11月に校内で収穫祭を開催する。この活動で1984年に「農林水産大臣賞」を受賞している。